眼科診療ノート

一覧へ

このコンテンツは当院の院長が専門の犬猫等の小動物臨床に係わる眼科学についての症例の診断・治療データの解析や新しい診断・治療法の開発などを発表していきます。

初診時の眼所見
2018.05.04 更新

今回の症例は、眼球および瞬膜突出を呈した3歳オスの雑種猫です。 左眼の結膜充血、瞬膜突出、閉瞼が困難な症状を呈し、眼超音波所見では鼻側後方の液体貯留が認められ、眼球を変位させている所見が認められました。麻酔下で超音波診断 […]

IMG_2533
2017.10.23 更新

10月に開催されたACVO(American veterinary Ophthalmology)にポスター発表で参加してきました。 日本からは、私以外の発表者がいて、みなさん素晴らしいプレゼンを披露していました。 眼科に […]

角膜浮腫、形状の変化が見られる。
2017.08.24 更新

最近、犬と猫を同時に飼う方が珍しくなくなっていますが、 それに伴って、眼科のトラブルもしばしば見られます。 今回の症例は、W.コーギー3歳で、10ヶ月齢で白内障手術を行っています。 主訴は、目が白くなってきたで、初診時の […]

網膜剥離 
2017.06.19 更新

高齢の猫(もちろん犬にもありますが)にしばしば見られる疾患に、慢性腎不全があります。 名前のとうり、慢性疾患であり、タンパク尿、体重減少又は多飲多尿などの症状が見られ、 注意深く観察しないと異常に気付きにくい疾患です。 […]

1490_8477_20140225112936.0
2017.02.05 更新

犬の睫毛(まつげ)の疾患の中で、臨床を行っている上でよく出会う症例に 睫毛乱生(通称逆さまつげ)や異所性睫毛があります。 どちらも眼球特に角膜に障害を与えることから、強い痛みや流涙の原因となります。 睫毛乱生の治療は、睫 […]

診療時間のご案内

診療時間
9:00

12:00
16:00

19:00

△16:00〜18:00 ●休診日 日曜祝祭日
13:00〜16:00は手術時間

休診日カレンダー

診療時間の変更や休診とさせて
頂くことがあります。