犬の再発性上皮びらんの1例

2015年12月9日

再発性上皮びらんは表層性角膜潰瘍分類され、ボクサー潰瘍、あるいはSCCEDsなどいろいろな呼び名がある疾患です。

柴犬、コーギー、G.レトリバー、チワワなどに多い傾向がありますが、中年以降のどの犬種にも罹患する可能性があります。

症状は主に、角膜上皮(最上層)の剥離に伴う、眼瞼痙攣、流涙、眼の充血がみられ、適切な治療が行われない場合、長期間に及ぶ事があります。

治療は主に、角膜上皮のデブライドメント、点眼療法が主に行われています。

今回の症例は、12歳、避妊雌のパピヨンで、眼を痛がるという主訴で来院しました。

初診時、角膜上皮のデブライドメントをダイヤモンドバーにておこない(動画)、抗生剤、ヒアルロン酸点眼、抗生剤内服、ソフトコンタクトのバンテージを行いました。

 

約2週間の治療では、上皮の改善はみられず、点眼薬の変更を行ったところ著しい改善を認めました。

今回の症例は、非常に穏やかな性格のわんちゃんだったため、局所麻酔のみで処置を行う事ができました。何となく、眼がしょぼついてなんて症状があれば早めに検査を行ってみましょう。

カテゴリ:眼科診療 | タグ: