老齢犬の眼瞼、結膜の腫瘍

2014年12月25日

眼瞼や結膜の腫瘍は、老齢犬に比較的おおくみられる疾患です。

腫瘍の治療では外科治療が基本となると思われますが、麻酔や費用の問題で手術が見送られることもあります。

今回、ご紹介する症例は2症例とも結膜の腫瘍で、外科的治療や凍結療法で対応した症例です。

ペット高齢化のため、手術ができる症例、手術ができない症例それぞれに対応しなければいけない時代ですね。

症例1 雑種犬 17歳 オス(去勢未) 右上眼瞼のマスで来院

 914_4758_20130123111646.0 上眼瞼に大きなマスが確認される

914_4753_20130123150608.0 マス表面の線香花火状の血管新生

914_4926_20130219103348.0 全身麻酔下にてCO2レーザーで切除行った。

病理検査では上皮性悪性腫瘍が疑われ、抗がん剤点眼を行った。

 

症例2 雑種犬 16歳 メス(避妊済) 上眼瞼結膜のマス

152_10848_20141028103254.0 約4mmのマス オーナーの希望もあり局所麻酔下でクライオサージェリを行う

152_10911_20141104110824.0 1週間後の様子(かなりマス病変の縮小が確認できる)

152_11185_20141202113644.0152_11184_20141202113900.0当院で用いている凍結療法のクライオです。

                           ガス圧などの設定も不要で、非常に使いやすいです

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:眼科診療 | タグ: